×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Octaveによる複素数と定数は,数値計算のツールOctaveにおける複素数と定数に関するページです.

Octaveによる複素数と定数

Octaveでの複素数と定数の扱い方

  
 数値計算ソフトウェアのOctaveでの複素数の扱い方について説明します.また,円周率や自然対数の底は,あらかじめOctave内部で定義された定数として扱われますので,その際の定数記号について示します.


複素数と定数(円周率や自然対数の底)



 複素数と,円周率などの定数の例を示します.



   

計算式および定数         Octave           



 複素数 z=1+2i に対して, zの実部は real(z) で, zの虚部は imag(z) で表され,



zの絶対値|z|は abs(z) で,共役複素数は conj(z) で表されます.



また,円周率πは pi で,自然対数の底eは e で,計算機の精度は eps で,



浮動小数点値の最大値は realmaxで,浮動小数点値の最小値は realmin で表されます.








←戻る
Copyright (C) 2007 All Rights Reserved.